不動産を売買する際の消費税について

不動産を売買する場合、税金がかかる場合とかからない場合があります。
例えば、土地を購入する際には消費税はかかりません。
この際、土地に建物が建っていても土地そのものに消費税がかかる事はありません。
しかし、建物には原則的に税金がかかりますが売主が事業者か個人、また建物を事業用として使用するのか居住用として使用するのかによって変わります。
まず、売主が事業者の場合は課税されます。
しかし、個人の場合は非課税です。
また、建物を事業用として使用する場合は課税されますが居住用の場合は非課税です。
このため、建物を購入する際にはどのような目的で使用するのか、また事業者から購入するのか個人から購入するのかをあらかじめ決めておく必要があります。
更に、事業者から不動産を購入しても個人から購入しても仲介手数料には消費税がかかります。
このように、不動産を売買する際には大きなお金が動きます。
そのため、売買する際はよく考えてから決める事が大切です。

Copyright© 不動産 消費税 All Rights Reserved.