不動産 消費税

税率の推移について関心が高まっています

日本は住宅建設に向いた土地の面積が少ないために、土地の値段が諸外国よりも高くなり易いです。
そのため日本で不動産投資をするためには、多額の資金が必要になります。
例えば一般の人が住宅を購入することは、人生最大の投資であるとも言われているほどです。
そうした日本の不動産投資のなかで、最近よく問題になっているのが消費税です。
消費税が導入され始めたときには、税率が3%だけでした。
しかしその後に5%に税率が上昇して、最近は8%にまで上昇することになったのです。
そして来年には、さらに10%にまで上昇する見込みになっています。
上昇する率そのものは、たったの2%にしか過ぎません。
ところが元々の価格が高いために、2%でも大きな金額の差が生まれるのです。
先述の一般の住宅が5千万円であれば、2%は百万円になります。
百万円といえば、主婦のパートの年間の賃金程度に相当する額ですから、大きな差になるのです。
したがって不動産投資に対して、現在は消費税の税率の推移について関心が高まっています。

Copyright© 不動産 消費税 All Rights Reserved.