不動産 消費税

不動産に消費税は掛かるのか。

先日久しぶりに大学時代の同級生と会ってきました。
この同級生は家業の不動産屋を継いでおり最近の各地の景気状況や土地、建物に関する豆知識を教えてくれました。
私が一番面白いと感じたのは消費税の話でした。
今まで土地や建物を売却したことはもちろんなかったので聞くこと全てが新鮮でした。
不動産を売却する場合売却する相手や支払う費用の種類によって消費税の有無が決まります。
例えば土地の売却や貸し付けは原則的に非課税ですが、1か月未満の貸し付けは消費税が課されます。
土地は普通消費するという概念がないので非課税と見なされますが、1か月未満だとモノやサービスと同じように消費物と見なされるわけです。
この他に賃貸の敷金・礼金、火災保険料も非課税です。
反対に課税されるものには、建物の購入代金、仲介手数料、事務手数料は課税されます。
難しいのは家賃です。
居住用の家賃は非課税、店舗の家賃は課税されるので覚えておくと家を借りるときに役立つと思いました。
本当に勉強になる時間で同級生には感謝しています。

Copyright© 不動産 消費税 All Rights Reserved.