不動産 消費税

消費税の税率アップが大きな問題になっています

消費税は物を購入した際に、一定の割合で税金を課すものです。
そのため個々の所得とは関係なく、税金を徴収できるために、徴収する側としては便利なシステムです。
しかし物を購入する度に税金が掛かるので、消費意欲に対しては、マイナスの作用を及ぼします。
消費意欲がマイナスになると、物が売れ難くなります。
こうした現象は、不動産の売買においてもあらわれます。
例えば消費税の税率がアップすると、住宅の価格がそのぶん上昇します。
住宅の価格が上昇すると、当然ながら購入意欲が低下するのです。
それに加えて日本では、建設業に携わる人の数が、以前よりも減少するようになりました。
その結果として建設業の人件費は、以前よりも上昇するようになっているのです。
人件費の上昇は、そのまま住宅の価格の上昇に繋がります。
そのため現状でも住宅の価格は、以前よりも高くなってきているのです。
したがって不動産業界では、消費税の税率アップが大きな問題になっているのです。

Copyright© 不動産 消費税 All Rights Reserved.